メンズミレット発毛

メンズミレット発毛の本当のすごさがわかる話

プロペシアから脱毛なく、メンズミレットに乗り換える法

読了までの目安時間:約 4分

プロペシアからリバウンドなしに自然な育毛法に移行するために私は、いろいろと情報を集めました。

 

わかったことは、飲むプロペシアにせよ、塗るミノキシジルにせよ、中止するとリバウンドがあるということです。

 

まあ、当たり前の話です。

 

「もし、ハゲるようなことがあったらどうしよう・・・・・」

 

という思いはあったのです。

 

漢方の育毛法による経験があるので、大丈夫だろうとは思うのですが、やはり中止するのは勇気がいります。

 

その一方で、明らかに私の精子製造の能力低下が激しい。

 

ネットで調べても、プロペシアの精子減少作用は広く知られてきていました。

 

参考: 「ヤフー知恵袋  プロペシアの危険性」

 

「もし、リバウンドで髪が少なくなってもメンズミレットとボストン、フェルサ、そしてスピルリナでまた増やせばいいさ・・・・・。」

 

そう考えて、決意しました。(注;ボストン、フェルサともに人気の育毛サプリ名です)

 

ちなみに、育毛サプリやコラーゲン、レシチンなどでも、摂取を中止すると、髪の毛は少なくなります。

 

一度、増えたからと言って、そのままにはできないのです。

 

常に髪の毛のために良い成分は摂り、血液に溶け込ませて毛母細胞にまで届けていくべきなのです。

 

さて、

 

平成25年8月にクスリを中止するために考えたメニューは、

 

 

1.メンズミレットを通常の1.5倍飲む

 

 

2.育毛サプリの活用(ボストン、フェルサ)、そしてスピルリナとシルクアミノ酸

 

 

3.ハウスのウコンドリンク、100円ショップで「かぼちゃの種」

 

 

4.非医療的育毛の「極楽育毛革命」の実践
⇒ もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛・発毛術『極楽育毛革命』メールサポート付き

 

 

以上です。

 

プロペシアをストップしたのが平成25年8月です。

 

あなたもご存じのように、9月、10月、11月は「薄毛化の季節」です。

 

その時期とピッタリ重なりました。

 

それにもかかわらず平穏無事に過ごせたのは、ベストの方法かどうかはわからないが、

 

効果のある「プロペシア脱出法」であったとは思っています。

 

メンズミレットがなければ、もっと不安は大きかったはずです。

 

 

プロペシアから乗り換える    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
食べ合わせダイエット