メンズミレット発毛

メンズミレット発毛の本当のすごさがわかる話

メンズミレットなら1200万人のハゲ悩みが解消できる

読了までの目安時間:約 5分

IMGP1248

メンズミレットがこれほど薄毛回復の実績を上げているのに、

日本の週刊誌ではハゲ対策特集となると、

相変わらずプロペシアとミノキシジルによる発毛法を解説するにとどまっており、残念です。

副作用もなく、安全で、育毛しつつ健康にもなれる「漢方の育毛法」を実践してほしいのです。

お金はかかりますが・・・・・・。

実行するかどうかはこれは、あなたの、価値観次第Kなのです。

「お金がかかるから漢方の育毛法はやめておこう」

と考えるのか。

それとも、

「クルマや海外旅行は我慢して、髪の毛を生やすことに力を入れよう」

と考えるのか。

すべて、あなたの価値観次第です。

それはさておき、平成27年10月18日の「サンデー毎日」を買いそびれたあなたのために、内容をレビューしていきましょう。

今回は「完全保存版」と銘打って120ページから127ページまで、

合計8ページにわたり「ハゲの大研究」をしているのです。

IMGP1244

秋の抜け毛の時期にハゲの特集をするということは、

タイミング的にグッドタイミングなのでしょう。

日本には1200万人もハゲに悩む人がいるのです。

でもね。

言いかえるとそれ以外の人はハゲに悩まない。

ハゲ遺伝子がない場合には、何の心配もないのですからね。

週刊誌では、

まずはAGAについての解説と対処方法。

特に目新しいものではない。

薄毛に悩む人なら、情報を収集する過程で何度も読んだ内容が解説されている。

つまり、

「男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンに変身し、発毛を阻害する」

というのです。

そして、これまた、いつも出てくる話ですが、

「ジヒドロテストステロンに変身するのを防ぐのが、フィナステリド(プロペシア)なのです」

という対処方法の解説になる。

ここまで読んで、私としては、

「たしかに、悪玉酵素を押さえつけることは必須だが、それはフィナステリドに限らず、バナナ皮エキス、アロエ、亜鉛などにも効果がある」

ということを言いたいわけです。

結論を言えば

「メンズミレットを飲んだらいいのですよ!!」

と私は思っているのです。

それはさておき、

123ページには、「男性型脱毛症のシンプルチェック表」が載っています。

10項目の以下のチェックです。

1.抜け毛が増えてきた

2.家族、親族に薄毛の人がいる

3.頭皮が硬い

4.同世代より頭髪の量が少ない

5.日ごろからストレスを感じている

6.睡眠がきちん取れていない

7.食生活が乱れてバランスの良い食事がとれていない

8.他の男の人と比べて体毛が濃い

9.喫煙の習慣がある

10.飲酒の習慣がある

以上。

若ハゲの人は上記のチェック表にかなり当てはまることでしょう。

でも、私に言わせると、

「そんなものチェックしなくても、ハゲ遺伝子を持っているかどうかは、本人ならわかる」

ものなんです。

「ああ、やっぱり」

という感触があるということなのです。

週刊誌の次のページでは、増毛、カツラ、植毛のことが解説されています。

増毛というのは、1本の毛に人工毛を結び付けていく方法。

1本30円。

カツラはオーダーで30万円前後と記載がありますが、実際は100万円前後だと思うね。

植毛は60万円~120万円ですね。

さて、特集の最後のページには東国原英夫さんが

「バーコードはいかん。いっそ坊主に」

という記事を載せています。

彼は、若いころに様々な育毛法を試していますね。

ただし、それらの方法は私が見て「こりゃ、だめだよ」と思う方法ばかりです。

やはり信頼できる育毛方法と出会えることが極めて大事なんです。

あなたはメンズミレットと出会えたから運がいいのです。

 

メンズミレットVS他の育毛法    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
食べ合わせダイエット