メンズミレット発毛

メンズミレット発毛の本当のすごさがわかる話

メンズミレットでハゲ対策の成功確率90%以上目指す人に

読了までの目安時間:約 5分

育毛漢方のサイトを他のブログ運営していますので、読者の方から育毛に関して質問をいただくことがあります。

一番多い質問は、

「いろいろと努力をしているのに、どうしても髪の毛が増えません」

というものです。

私は長年の育毛生活の中で、「生えません」というご質問について、

どこが問題なのかが、わかるようになりました。

たいていの場合、理由は正確にわかります。

90%以上の確率で成功する方法がわかるのです。

アドバイスさせていただいた方からの、事後報告で成果が出たことがわかります。

成果が出ない人は、たいていの場合同じ理由で成果が出ないです。

ハゲるのにも理由(わけ)があり、

髪が生えないのにも理由(わけ)があります。

そして「ハゲ遺伝子」の関係でハゲるのは、もう、あなたも理由はわかっているはず。

ですから、知りたいのは「生える理由」でしょう。

生える理由としては、

1.ハゲ原因である悪玉酵素の活動を抑制できた

2.髪の毛が生育できる栄養素を摂取できた

この二つが最大の「生える理由」なのです。

ハゲ要因を押さえつける成分として、

ミレットエキス

バナナ果皮エキス

カボチャの種エキス

アロエエキス

ノコギリヤシ

ウコン

などがあります。

男性のハゲは上記成分を取らないと治らない。

また、髪の毛を生やす成分としては、

コラーゲン

プラセンタ

アミノ酸

大豆イソフラボン

などがあります。

カイセイ堂のメンズミレットには、特に効果の高い上記の成分の多くが配合されています。

これが効果が出る理由なのです。

ちなみに、多くの育毛書籍に書いていることとして、

「バランスのとれた食生活で栄養を摂りましょう」

と言われています。

ところが、普通の食事から摂取する栄養ではハゲを治せないのです。

それは、あなたも、もうご存じのはず。

薄毛やハゲを治すには特別な「育毛成分」というものが必要なのです。

バランスのとれた食事+育毛成分

これが髪の毛が生える条件です。

しかも、ここからが大事なのですが、

身体を良くする栄養は大量に摂らないと成果が出にくい

という漢方の原則があります。

銀座まるかんの斎藤一人さんが、

「身体に悪いものは少量でも悪影響が出るが、身体に良いものは多く摂取しないと良い影響が出ない」

というようなことをおっしゃっていました。

非常によくわかります。

育毛に役立つスピルリナも大量に摂取して初めて効果が出ます。

育毛コラーゲンも同様です。

結論 

メンズミレットを毎日30ml飲むこと

メンズミレットの説明ページでは毎日10ml~30ml飲んでくださいと書いています。

ここは30mlを選択しないといけないのです。

お金をけちらないこと。

いずれメンズミレットの量は20mlとか10mlに調整してもよいです。

けれども、

髪が増えるまでは30mlを飲むことです。

もう、全然成功確率が違うわけです。

あなたの発毛成功をお祈りしています。

追伸

昭和56年から平成29年の今まで育毛生活を続けてきました。

いろいろな育毛製品を買いました。

昭和56年からずっと毎月3万円前後のお金を髪の毛を生やし、守るために使ってきました。

スポーツカーを買うのもあきらめたし、ゴルフもしなかった。

おかげで、昭和56年のハゲ始めに不安でいっぱいだった、

「おそろしい頭髪未来図」

は杞憂に終わりました。

(昭和56年当時おそれていた未来の姿・・・・実現せずに済んだよ)

  ⇓

髪の毛にお金を使ったことに、まったく悔いはありません。

毎朝、出勤前に鏡を見て、

「ああ、髪の毛がある」

という気持ちを味わいます。

もちろん満足感です。

「ハゲ遺伝子に負けなかった」

とほめてやりたい。

これは毎日なのです。

もし努力をせずにハゲていたら・・・・・・。

出勤前に、鏡を見たときに

「俺って、イケてるよなあ。今日も頑張ろう!!」

という前向きな気持ちにはなれなかったはず。

しかし、これも「髪が生えたからこそ」なのです。

育毛の詐欺商品や詐欺サロンもあります。

成果が出なければ、たとえ1000円でも、もったいないのです。

髪が生えたからこそ、お金を払ったことにも、満足できるのです。

メンズミレットを販売しているカイセイ堂さんでは時々メンズミレットのキャンペーン販売などもやっているので、見逃さないようにしたい。

 

生える理由(わけ)    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
食べ合わせダイエット