メンズミレット発毛

メンズミレット発毛の本当のすごさがわかる話

メンズミレットを飲みつつ、育毛を実践する。

読了までの目安時間:約 2分

メンズミレットを飲みつつ、育毛を実践する。

今日は平成28年10月10日。体育の日。

書棚の育毛本を何冊か取り出して読む。

これが楽しい。

昔読んだ「ふたりの薄毛物語」をパラパラとめくってみた。

買ったのは6年前。

もう6年もたったのか・・・・。

この頃1年がたつのが早いね。

そう感じるよ。

「二人の薄毛物語」の雰囲気は著者のブログの4コマ漫画でわかるよ。

⇒ アメーバブログ「彼の薄毛は蜜の味」

主人公の夫は薄毛。

その薄毛にまつわる話を、面白くユーモアをこめて描いている。

ほのぼのとした物語です。

が、しかし。

薄毛対策で、強いハゲ遺伝子をもちつつ、「同年代の平均以上の髪」になることをライフワークとしている私にはマンガに不満な部分がある。

「ほのぼのとしたユーモア」の部分はいいのですが、

主人公の夫は、なぜ、もっといろいろな、薄毛対策を試さなかったのか。

もったいないと感じるのです。

もったいないです。

育毛をあきらめるのは。

メンズミレットはまだ発売されていが、カイセイミレットコラーゲンは販売されているはず。

これをを飲んでいれば、全く違う生活があったはず。

「ハゲを受け入れる」のも一つの生き方だが、「ハゲを治す」ほうがいいと思うのです。

これは、私はつくづく思うことなんだ。

朝、起きたときに鏡を見る。

「ある、ある」

と鏡の中の自分の髪を見る。

幸せを感じるんです。

鏡に映った自分がハゲだったら、こういう気持ちにはなれないはずだと思うのです。

薄毛を受け入れることはないんです。

治せばいいんです。

 

育毛トーク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
食べ合わせダイエット